そしてこれから《和紙編》

現在の町や村の景色そして文化を作ってきた、これまでの“人の暮らし”の続きにいま、私たちは暮らし生きている。この町が築かれてきたこれまでと、私たちがつくっていく“これから”に触れてもらいたい。この旅をきっかけに、今後の暮らしのヒントや新たな気付きに出会ってもらえたら。そして、私たちの“これから”を一緒に築いていっていただけたら。

そんな思いを込めた旅のシリーズ『そしてこれから』が、はじまります。

第一弾である今回の「和紙の旅」は、伝統の手仕事が残る五十崎(いかざき)地区と、里山の暮らしが体感できる御祓(みそぎ)地区が舞台です。2泊3日の限られた時間の中で、和紙に携わる人たちのビジョンに触れながら、和紙の歴史と今、そしてこれからを一緒に考えていきましょう。

※『そしてこれから』は古民家ゲストハウス&バー内子晴れが提供する宿泊体験プランです。旅中の移動は各自の車でお願いします。

そしてこれから 和紙の旅 イメージ動画
歴史ある和紙工場で職人さんに教わりながら和紙漉き
田んぼで食べる朝ごはんは最高!
新鮮な旬の野菜をいただく
漉いた和紙で世界に1つだけのノート作り
ご自宅に旅のしおりが届きます

開催日:2021/6/15(火)~17(木) (2泊3日) →終了
    2021/7/20(火)~22(木祝) →終了
    2021/9/21(火)~23(木祝) →終了

集合場所内子晴れ (駐車場MAP)・マイカーもしくはレンタカーでお越し下さい
体験料:33,000/人(税込み)(宿泊代、体験料、2日目の朝・昼・夕食と3日目の朝食代を含む)
定員:4名(最低催行人数2名)
持ち物:予約後に届く旅のしおり参照

当日の流れ

1日目【和紙を知る】

13:00 内子晴れチェックイン
13:30 自転車で出発(雨天の場合マイカーで移動)
14:00 天神産紙工場~手漉き和紙体験&工場見学
16:00~ 自由時間

2日目【和紙のこれからを考える】

8:30 内子晴れ出発
9:00 みそぎの里(旧御祓小学校)着
9:10 周辺散策と田んぼを眺めながら朝ごはん(竹皮おむすびセット)
10:00 みそぎの里(旧御祓小学校)見学~里山暮らしと和紙プロジェクトの今後について学ぶ
12:00 採れたて野菜のお昼ごはん〜校内で買い物タイム
13:30~ 楮(こうぞ)畑見学、自由時間
18:00~ 夕ごはん@内子晴れ(内子の和紙やものづくりに関わる人一緒にご飯を食べながら、和紙のこれからについて語りましょう)

3日目【和紙に触れる】

7:30 内子晴れ朝食・チェックアウト(荷物預かり可)
8:30 天神産紙工場~1日目に漉いた和紙の乾燥作業 
10:30 ゆるやか文庫〜和綴じノートワークショップ
13:00ごろ解散

※各体験場所、宿泊施設、自由時間中の移動は各自の車でお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

旅の案内人について

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参加者の声

「1年後、5年後を見てみたいと思えるツアー」
「ものが出来る瞬間を体験できた」
「作るって楽しい。作ることで道具を知れる」
「内子はすてきな人が多い」
「内子のストーリーが和紙を介して回る・広がる」
「昨日今日の繋がりから価値観や気持ちを揺さぶられる、豊かさがある旅だった」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

注意事項

・雨天の場合2日目の行程を屋内のプランに変更させていただきます。
・このプランに送迎は含まれません。恐れ入りますが、移動は各自の車でお願いします。

新型コロナウイルス感染症予防対策について

・当日出発前にご自宅で検温して頂き、体温が37.5℃以上ある場合や、体調がすぐれない場合は参加をお控えください。
・体験中はマスクの着用および手指消毒と、他のお客様とのソーシャルディスタンスにご協力お願いします。

キャンセルについて

お申込みいただいたご宿泊等のお取消しは、以下の通りキャンセル料を申し受けておりますので、あらかじめご了承下さい。キャンセル料は以下のとおりです。

7日前から  体験料金の50%
前日~当日  体験料金の100%
連絡なしの不泊/不着   体験料金の100%

※コロナウイルス感染症に関する自治体の要請等により開催を中止させていただく場合がございます。その場合開催日の6日前までにご連絡いたします。なお、その際のキャンセル料はかかりません。

主催:古民家ゲストハウス&バー内子晴れ

お申込みについて

開催日初日の1週間前までに、下記申し込みフォームよりお申し込みください。申し込みフォーム送信後、3日以内にメールにて返信いたします。返信を持って予約確定とさせていただきます。

その他のお問い合わせはこちら

おすすめ記事